Jinyu’s Korean Diary

韓国生活に向けて奮闘中のアラサー大阪女子が韓国のトレンドや情報を発信していくブログ。ワーホリ経験談・カフェ・食べ物・美容・コスメ多め☺︎❤︎

❤︎ 韓国語能力試験(TOPIK)とハングル能力検定の違い

안녕하세요~

Jinyuです☺︎

 

 

 

もうすぐ韓国語能力試験を受けるので

そろそろ勉強を始めないとな~と思いながら

韓国語能力試験(TOPIK)

ハングル能力検定ってどう違うのか

ちょっと調べてみました☝️

 

 

 

韓国語能力試験(TOPIK)

f:id:krabbi:20190211222023j:image

  • TOPIKⅠ(1~2級•••初級)
  • TOPIKⅡ(3~6級•••中級、上級)

試験はこの2つから選びます。

 

合格基準は

TOPIKⅠ

200点中80点以上•••1級

140点以上•••2級

TOPIKII

300点中120点以上•••3級

150点以上•••4級

190点以上•••5級

230点以上•••6級

点数によって合格の級が決まるので

級の選択は出来ません。

 

 

ハングル能力検定
  • 5級
  • 4級
  • 3級
  • 準2級
  • 2級
  • 1級

試験はこの6段階の級から選びます。

 

合格基準は

5級•4級

100点中60点以上で合格

3級

100点中60点以上で合格

(筆記60点中24点以上、聞取り40点中12点以上必須)

準2級

100点中70点以上で合格

(筆記60点中30点以上、聞取り40点中12点以上必須)

2級•1級

100点中70点以上で合格

(筆記60点中30点以上、聞取り40点中16点以上必須)

 

 

自分の韓国語のレベルを知りたいだけなら

どちらを受けてもいいと思います☝️

ハングル能力検定の場合は日本語で出題

TOPIKは韓国語で全て出題されるので

初級レベルでTOPIKは少し難しいかも💦

 

簡単に言えば、

ハングル能力検定は日本国内では通じるけど

世界になると「何その検定?」ってなるみたいで、いわば日本の英検と言えば分かりやすいですかね💡

TOPIKはTOEICみたいなもので

世界でも通じる試験なので

韓国の大学に留学したり韓国の企業に

就職を考えている場合は、断然TOPIKです☝️

ハングル能力検定は留学や韓国企業への就職

にはあまり参考にはならないそうです💦

 

私もこれから韓国に住むにあたって

結婚移民ビザを取得する準備をしていて

その際にTOPIKの資格の提出があって💦

(韓国の大学に通っていた場合はその時の卒業証明書を出せば大丈夫なんだそう)

こういったビザ取得の際にもTOPIKは

必要になることがあるので、

私はハン検よりも断然TOPIK派です‼️

というか、韓国語習い始めた時から

1度もハン検受ける気なかったです笑

 

私は韓国語習い始めて半年経ったくらいに

1度TOPIKを受けて3級合格してたんですが

このTOPIK、2年という有効期間があって😱

もうとっくに有効期間切れ..

なので再チャレンジ☝️

 

TOPIKを受けるにあたって1番の難関は

書き取りの文章作成だと思います💦

聞き取りは結構得意な方なので

問題はないけど、やっぱり文字に書く

というのが1番苦手で..

しかも作文となるとやっぱり

日頃書いてないとなかなか難しい..

 

4/21(日)のTOPIKまであと2ヶ月ちょい💦

コツコツと韓国語の文章を書く練習などをして

私的には上級の5級か6級に合格したいので

頑張りたいと思います‼️

 

次回の分はもう申し込み締め切られてるけど

その次が7月にあるのでもし興味ある方は

受けてみてはいかがでしょうか♪♪

f:id:krabbi:20190211133807j:image

f:id:krabbi:20190211133820j:image

 

私が使ってる参考書はこちらです☺︎↓↓

韓国語能力試験TOPIK II 中・上級完全対策

韓国語能力試験TOPIK II 中・上級完全対策